Big Game

Big_Game.jpg

Big Game
Boone Speed, Chris Sharma, Nate Gold et al.
Movement Films (2005)

Boone Speed、Chris SharmaらがCastle Hillで登ります。

Mike Call、Boone Speedは「Frequent Flyers」でCastle Hillを訪れているので、きっとかなり気に入ったんですね。Chiris Sharmaは相変わらずすごいのですが、そこを強調するビデオではありません。グレードはでてこないし、グレーディングもしてません。けっこういろんな人が登っているし、エリアのよさがよくわかる構成になってました。

あ、Boone Speedが金髪になってました。

美女クライマーが何人か登場しますが、彼女たちの登りもすごいです。男と同じ課題にトライしてます。よく知りませんがすごいです。
Flock Hillがいいらしいです。確かにすごくおもしろそうでした。
地上3メートルでランジする課題があって、なかなか迫力がありました。
Nate Goldがマントルではまってる映像はおもしろかったです。

全体を通してCaslte Hillの魅力をあらためて感じさせられました。単純なパワーじゃないクライミング。多彩なホールド、多彩な体の使い方。クライミングの対象としての岩自体のクオリティがすばらしい。そして広大なエリアと環境。まだまだ楽しめるところがいっぱいある。自分はいっぱいおもしろいところを逃してるなーと感じました。とくにFlock Hill。一度も行かなかったのはもったいなかった。もう一回New Zealand行きたいです。

いや、きっと行く。

ボーナスでGunksというところでのクライミングの映像が入ってますが、Castle Hillとは対照的に汚い岩に単純なホールドで、全く魅力を感じませんでした。

Mike Callの作品はいいですね。「Frequent Flyers」、「The Professionals」、「The Road」なんかがMike Callの作品です。Josh Rowellと比べると選曲も編集も落ち着いてます。主張しすぎない感じ。

自分の経験に依存した、かなり主観的な評価も入っていますが、これはかなりおすすめのビデオです。

おすすめ度
★★★★★

サンプルムービー
Mike Call interview - クライミングビデオの撮り方

このブログ記事について

このページは、sotoが2005年12月21日 03:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ROCK & SNOW 030」です。

次のブログ記事は「05/12/23 札幌国際」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。