おくやみ

いつぞやの山スキー部のテイネハイランドでのスキー合宿で、そのとき特別ゲストだった三浦雄一郎さんのはからいで三浦敬三さんとちょっとだけ一緒に滑ったことがあります。でも敬三さんは山スキー部には全く興味がないようで、ハイランドの上から下までほとんどノンストップで勝手に滑っていきました。本当にスキーが好きなんだ、滑りたくてしょうがないんだ、と思ったのを覚えています。

100歳を超えて現役スキーヤーだった敬三さん。
その情熱と努力、見習いたいと思います。

お悔やみ申し上げます。

朝日新聞のニュース
ドルフィンズのホームページ

このブログ記事について

このページは、sotoが2006年1月 6日 01:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あけまして」です。

次のブログ記事は「反復性肩関節脱臼」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。