FISワールドカップジャンプ

060121_1.jpg

O杉とその同僚のドイツ人と、大倉山へ行ってきた。
スキージャンプは長野のときにすごく感動して、一度生で見たいとずーっと思ってたけど実現してなかった。

ジャンプ台でかい!ランディングバーンめっちゃ急!滞空時間長い!スピード速い!
スポーツって大抵テレビで見るとスピード感とか迫力とか半減しちゃうでしょ。まさにそう。
これは見る価値あるわ。

観客はそんなに多くないけど、そこそこの人がいた。今回は車で行ったけど、丸山動物園の駐車場とそこからのシャトルバスが無料で利用可能。円山公園駅からもバスが出てる。チケットは前売りで1600円。

060121_2.jpg

ベストな観戦ポイントを探すのがけっこう難しい。
下のほうで見るのかと思ってたら、上に登ることもできてけっこう選択肢が多い。1本目はK点のすぐ横、2本目はもうちょっと上で見た。近くで見るのも離れて全体を見るのもそれぞれよさがある。昼間の大会見たことないけどたぶんナイターはかっこいい。

ランディングバーンに(たぶん見やすくするために)生えてる緑のやつはプラスチックかと思ったら本物の笹の葉っぱだった。

060121_3.jpg

結果は最近好調の岡部選手が3位に入った。日本のジャンプチームは最近はぜんぜんだめなのかと思っていたけど、今日はホームゲームだからか、海外の有力選手が出ていないのか、けっこうがんばってました。風の影響っていうのがやっぱりすごくあるみたいで、いい風が吹いてるときは距離が出るし、風がやんだ2本目はみんな失速してた。でも、最後のほうに出てくる有力選手っていうのはそんなの関係なくちゃんと距離を出してくる。そこが実力の差なんだろう。

060121_4.jpg

ところで「スキージャンプ・ペア」を知ってますか?
会場内にマテリアルが展示してありました。映画化されるみたいです。
もし知らない人がいたらめっちゃおもしろいから見たほうがいいよ。
今ならYahoo!動画で見れる。プレミアム会員じゃない人は一つだけ。

スキージャンプ・ペア オフィシャルDVD
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ (2003/12/10)

このブログ記事について

このページは、sotoが2006年1月22日 01:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「BS」です。

次のブログ記事は「眼振」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。