New Ski

| コメント(1)

New Skiを購入!
テレマーク一式と古いアルペンブーツは売っぱらった。

RossignolScratch Sprayer BC
170cmでサイドカットは118-86-111、ラディウス18.2m。

実は一番欲しかったのはRがきつくてフリーランも楽しそうな1080 Foilで、後はfujative、スクラッチFS、スプレイヤーFSが候補。Foilはちょっと値段が高い。FSはかなり堅いらしくてオーバースペックかと思ったし、スプレイヤーがとりあえず圧倒的に安かった。通常ビン込みでなんかへぼそうなビンディングがついてくるんだけど、オークションで板のみで売ってた。スプレイヤーFSは細くて(168cmで106-76-99)コブも含めるならいいかもしんないけど、FSを柔らかくしたのに近いのはむしろスプレイヤーBCの短いのな気がしたのでそっちに。

ビンディングの位置は迷ったけど、2cm前につけてもらった。スクラッチは通常のセンターとフリースタイルブーツセンターがあるのだけど、スプレイヤーの場合はセンターは一つで、スクラッチでいうフリースタイルのセンターが通常のセンターになってる。それプラス2cmなので4cm相当。

センターの位置をメジャーで測ってみたら、トップ側の接雪点~センターが74cm、センター~テール側の接雪点が65cm。だからコアセンターの位置は接雪点から69.5cmで、通常のセンターから4.5cm前に出すとコアセンター。今回は2cm出したのでコアセンターから2.5cm後ろ。前出さなくてもよかったかもしんない。BCとついているがパウダーは不可能な板になったっぽい。

トラブルも測ってみたら、トップ側の接雪点~センターが73.5cm、センター~テール側の接雪点が62.5cm。コアセンターの位置は接雪点から68cmで、5.5cm前に出すとコアセンター

ビンディングは最初はトラブルのP12を載せ替えるつもりだったけど、LOOKのワイドブレーキは4500円もするのでどうしようか迷って、結局新しいのつけた。本当は軽いS912Tiを付けたかったけど、別で買うの面倒だし、板買ったとこにサロモンのゲージがなくて取り付けもできないらしかったので、ロシニョールのScratch 120。

LOOKは今年からモデルチェンジしてて、PXシリーズがメインのモデルになってる。今回付けたRossignolのScratch 120はLOOKのPX12に相当するモデル。PXシリーズどうなんだろう?イマイチかもしんない。ターンテーブルじゃなくなってて、それはまあ分かってたけど、実物を見てもとのターンテーブルの良さを再確認した。ヒールピースの横方向の解放はよくわかんないけど、ヒールピースの短さに思っていたよりも圧倒的な差があった。ブーツセンターからヒールピースのうしろ、板にくっついてるところまでの長さを比較してみたら、PX12は28cmにたいしてP12は19cmしかない。板の自然なたわみに対して、この差が与える影響は大きいと思うぞ。

トラブルはビンディングずらしてジブ専用にする予定。

コメント(1)

真似して計ってみた。Seth Pistol(179cm)に表示されているCore Centerとの間隔を調べた。トップ側の接雪点〜センターが78.5cmで、センター〜テール側の接雪点が74.5cm。なぜか、Core Centerがコアセンターよりも2cm後ろにずれている。

一方、Dogen(169cm)はフリースタイル用センターで調べると、トップ側の接雪点〜センターが70cmで、センター〜テール側の接雪点が69.5cm。まさにコアセンター。

ビンディングもついでに計ってみると、Sethに付いてるScratch 120は19cmで、Dogenに付けたMarkerのTITANIUM 12.0 FREEは25cm。PX12ほどじゃないけど、Scratchに比べるとずいぶん長みたいだ。S912Tiはどうなんだろう。

このブログ記事について

このページは、sotoが2006年2月 5日 16:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「修論」です。

次のブログ記事は「06/02/05 ばんけい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。