トリノオリンピック雑感3

エアリアル

ここまでいくとスキー競技ではない気がする。フリーライドのキッカーと違って、かなり上向きに飛び出しすごい高さから下向きに落ちてくるので、落下の方向に対してランディングバーンの斜度が緩い。相当な衝撃が来るだろう。

44歳のおじさんが後方3回転宙返りを飛ぶのにはびびった。しかも回転足らずに顔面打ち付けてるのに平然と起きあがり観客へのパフォーマンス。かっこよすぎる。

カーリング男子決勝

男子はパワフルなショットを持っており、見事なテイクアウトショットを連発。あきらかに女子とはレベルの違う試合だった。攻撃的な試合で見てて楽しめた。

男子回転

皆川惜しい!右足の第4バックルがはずれてなければあと0.03秒くらいははやかったんじゃないかなあ?佐々木明はなんからしくない結果でちょっと残念。テイネ出身らしい湯浅も2回目3位のタイム。すばらしい。

ショートトラック男子500m

どう見てもフライングのスタートで飛び出したオーノが逃げ切り。あれをスルーした判定はひどい。


4年に一度の一大エンターテインメントがついに終わってしまいました。日本選手団に長野のときと同じメンバーがかなりいるのは、うれしい反面あまり好ましくないことでもあります。葛西や上村、村主などバンクーバーを目指すと宣言しているベテランはぜひ応援したいですが、先輩を超える若手にもどんどん登場して欲しいものです。

次までは長いですがまた4年後を楽しみにしています。

フィギュアスケートはすぐ世界ジュニア選手権・世界選手権があるのでそれも楽しみです。

このブログ記事について

このページは、sotoが2006年3月 1日 15:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「トリノ五輪 - フィギュアスケート女子シングルFS」です。

次のブログ記事は「フルツイストの疑問」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。