06/03/23 富良野G尾根

| コメント(1) | トラックバック(1)

やっちに誘われてH本と3人で、ラストパウダーを期待して富良野岳へ。
今回はディアミールを借りてゲレンデブーツで行ってみた。ふむ、普通に歩ける。ジルブレッタ+プラスチック登山靴の時代の感覚はもはや記憶にないので比較できないが、テレマーク(T2+チリ)とは比較にならないほど歩きやすい。これならちょーファットな板にディアミール付けて、フレクソンにしたらもう文句ないね。

けっこう積もってはいたので期待しながら登ったけど、いざ滑ろうとすると・・・センター68mmしかない板だったのでちょっかっても進まない。超おもおもパウダー。トレースを使わないと進まない。センター105mmのGOTAMAを履くH本だけはそこそこ滑れてた。
登り返す気はしないし、今日はもともとWBCが見たかったので速攻下山。白銀荘にて日本の優勝を見届けた。両チームともミスが多くて、世界一を決めるにふさわしい好ゲームとは言い難かったけど、おめでとう、王JAPAN!

今回で北海道の山・スキーとはしばらくお別れです。山はそんなにやる気がないのでもはや人生最後となるような気がします。25か26日には北海道を離れます。

やっちのサイトに写真があります。
H本のサイトにビデオがあります。

トラックバック(1)

念願かなって、やっちくんとsotoくんと今シーズン2度目の富良野岳に行った。しか 続きを読む

コメント(1)

このブログ記事について

このページは、sotoが2006年3月23日 22:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「06/03/18 富良野スキー場 - FISワールドカップスノーボードハーフパイプ」です。

次のブログ記事は「引っ越し」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。