07/01/04 二子山

| コメント(2)

S水さんと二子山へ。二子は初めて。S水さんはかねてより「城ヶ崎はホールドが単調でおもしろくない、二子はホールドが多彩でおもしろい」といっていた。確かにそうかもしれない、城ヶ崎は水平カチとガバばっかり。

祠エリアで10aに取り付いたらいきなりアンダーがでてきた。おおっ!なんかひさしぶりな感じ。続いてコルネをピンチグリップ。むむ、けっこう悪い。ここではこれが持てないといけないのか。その後もサイドやポケットなど登場し、10aでいきなり石灰岩の楽しさを実感してしまった。

070104_1.jpg

メインの弓状エリアに移動すると人がいっぱいいた。これで「並」な混み具合らしい。ところどこと氷柱なんかもあり、しみだしもけっこうある。

070104_2.jpg
Yuji HIRAYAMA

今日は世界の平山ユージが来た!

ユージと30cmまで接近した。
ユージとふたことくらい会話した。
(呼び捨てすみません)

持久力トレーニング中らしく、(大先生にとっては)簡単なルートを一度に何往復も登っていました。自分が短い10aを登る間にとなりでノースマウンテンを2往復されてしまった。午後一番最後に来たのにクライムダウンとか入れて30本は登ったみたい。

今日はもともとたいして登る気がなかったし、ユージ先生にも会えたし満足です。

二子は確かにホールドが多彩、それゆえムーブが多彩でとてもおもしろい。でも寒い。混んでる。遠い。

話がピーマン 5.10a OS
シリアル 5.10c OS
ホテル二子 5.11c OS
悪魔のエチュード 5.10a OS

コメント(2)

二子面白いよね、っていうか石灰岩が面白い!
ニーバーとかヘッドバーとか…
トンサイが恋しい今日この頃。

トンサイか~またそのうち行くでしょう。今度あの辺に行ったらdeep warter soloingやりたい!

このブログ記事について

このページは、sotoが2007年1月 4日 22:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「07/01/03 B-Session」です。

次のブログ記事は「07/01/07 城ヶ崎 15」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。