07/07/22 有笠→黒岩

S水さんと有笠に行ってきた。けど、びしょびしょ。

070722_1.jpg
びしょびしょヘルケイブ

温泉にでも入って群馬のジムにでも行こうかと思ったけど、とりあえずわりと近くの硯岩と黒岩を偵察してみる。硯岩は「NATTO」があるところ。ぜんぜん乾いていそうだったけど、黒岩に四ツ星の12bがあるらしいので、そっちに行ってみることに。四ツ星ってあんましないよね、「エサオマン」と「任侠道」くらいしか知らない。

070722_2.jpg
硯岩

しかし榛名山から高崎方面へ下りだすと天気は急にガスガスしだし、道路もびちょびょちょに濡れている。でも黒岩には5台くらい車が停まっていたので行ってみたけど、やっぱり岩はびちょびちょ。でもせっかく来たので四ツ星「エンド・オブ・ア・レインボー」を見学に行く。ボルト14本、38メートルという日本離れしたスケール。

しけってはいたけど乾いていたのでさわってみた。まともな1ピン目が8メートルくらいにあり久しぶりにえらく怖い思いをした。毎回こんな思いで登るらしいアルパインクライミングは理解できない。半分手前にえらく難しい部分があり、結局二人ともそこが解決できずに敗退。12b?上まで行ってみたかった。このルートは登りたいリスト入り。でもこのルートのためにわざわざこんな岩場にくるかは微妙かも。昔の岩場らしくリングボルトがそこらじゅうに乱打されており、えらく汚い岩場だった。

070722_3.jpg
エンド・オブ・ア・レインボー

帰りは伊香保温泉により、さらには新婚のS水邸で美味しい晩御飯をご馳走になり、さらには中古のカーナビまで貰ってしまって(取り付けできるのか?)、登れなかったけど幸せな一日でした。

エンド・オブ・ア・レインボー 5.12b
エンド・オブ・ア・レインボー 5.12b

このブログ記事について

このページは、sotoが2007年7月22日 23:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソフトフランス」です。

次のブログ記事は「やっぱりTFCC」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。