2007年9月アーカイブ

Pilgrimage

| コメント(2)

Hampi(ハンピ)に行って来ます。

07/09/15 御岳 6

S水さんと、御岳へ。本当は昔道へ行ったのだけど、先週の台風の影響か川は濁流と化しており、登れそうにないので御岳に戻ってきた。昔道は2年前にも一度行こうとしたけれど、そのときも増水で敗退して御岳で登ったので、今回もまったく同じパターン。御岳へ戻る途中、川井キャンプ場のボルダーも見学してきた。

御岳も同じ多摩川なので、濁流には違いないのだが、川から離れているデッドエンドは登れるだろうということで、デッドエンドへ。今日はイギリス人のスタートが水没している。先客が1人おり、その後もそこそこの人数がデッドエンドにやってきた。台風による増水はすさまじかったらしく、遊歩道付近まで流れが達した後があるので、デッドエンドの岩は完全に水没していた模様。対岸は遊歩道より上に流れが達している。

クライミングは先々週以来、2週間ぶり。ジムにもここ2ヶ月くらいまったく行っていなくて、1、2週間おきに外岩に行っているのみ。なのに登れはしていないけど一応1級にトライしているのが不思議。前回の御岳の後、ネットで本庄さんがデッドエンドを登るビデオを発見したので、今回はぜひそのムーブを試してみたかった。前回左でとっていたたてカチを右でとるムーブ。とれたけどその後動けない。本庄さんはいろいろ足を動かしている。そんなに動けない。あきらめて若者たちがやっているムーブを試してみると、そっちの方ができそう。前回は左たてカチ、右手スローパーで左足・右足を上げてポケットを狙っていたが、右手スローパーの下のカチ、左手アンダー気味サイドカチで同じように左足・右足を上げると、右手のかかりがいいし、左手でも引っ張れるので、ポケットを狙いやすい。何度かやってるうちにポケットがとれた。でも右手をたてカチに寄せてこれず。1日中トライし、6回ポケットがとまって、2回は右手をたてカチに寄せれたけど、リップに手が出ず登れなかった。ポケットがとれれば終わりと思ってたけど甘かった。

S水さんは寝てばっかりだったが、ふと起きるとあっさりデッドエンドを再登していた。

今日の目的はもうひとつ、写真の練習。他に登る岩がなくって暇だったので、途中カメラ片手にテクテクと散歩した。ソフトクリーム岩まで歩いていったけど、遊歩道はところどころ破壊されており、台風の激流のすさまじさを物語っている。ソフトクリーム岩はなんだか白くなった気がする。水没し、流れてくる石やらなにやらに削られたのだろう。よく触ってないけど、ホールドの形状とかも変わっていそう。つり橋にもなにやら漂流物が引っかかっているので、つり橋まで水没したのだろう。忍者返しの岩も見ていないけど、ホールド変わったりしてるかも。水も財布も持たずに歩いていったので、途中のどが渇いて熱射病気味になりふらふらした。

070915_1.jpg

070915_2.jpg

070915_3.jpg

070915_4.jpg

070915_5.jpg

070915_6.jpg

070915_7.jpg

070915_8.jpg

070915_9.jpg

カチ

| コメント(2)

以下の文章はいつにもましてクライマー以外には理解不能です。ご容赦ください。

ある謎が解けた!いや、むしろなぜ今まで気がつかなかったのか。

前にも書いたかもしれないが、自分は右手はカチ、左手はオープンで持つ癖がある。カチのほうが絶対的ホールド力はあるので、左手もカチ持ちできるようになりたいと思ってときどき練習したりするのだけど、どうもにもできるようにならない。その理由は2つあると考えていて、それはある程度正しいと思うけど、今日気がついたのは他の理由である。

それは指の長さ。たとえば、2本指ポケットを保持するとき人差し指と中指を使う人と、中指と薬指を使う人がいる。これは指の長さの違いのためだ。長さの近い2本の指を使用するほうが保持しやすい。自分は右手は人差し指と中指を使うけど、左手は中指と薬指を使う。左手は人差し指が短めなためで、このことは前から納得していることである。

カチもつまり同じなのだ。4本の指の長さが近い人のほうがカチは得意なのだ。長さが違う分は第一関節を反らせることで調整しなければならない。そう、指が反ることもカチが強いことの条件である。自分の場合は指はあまり反らない。左手は人差し指が短い。そのために、カチ持ちの際にしっくりこないに違いない。

4本の長さが近いというよりかは、4本の指の先端をつないだ線が一直線になることが重要かもしれない。すなわち、小指から薬指、中指の先端をつなげた先にに人差し指の先端があることが理想で、つまり人差し指は長いほうがいい。

カチに強い条件その1、人差し指が長いこと
カチに強い条件その2、指が反ること

以上、どうでしょうか。

Kiss

| コメント(5)

Canon EOS Kiss Digital Xを買いました。もうちょっと真面目に写真を撮りたいな、と思っているのです。レンズはTamronの「SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II」を買いました。

写真好きの皆さん、いろいろ教えてください。
それからクライマーの皆さん、一緒に行ったら写真を撮らせてください。

07/09/02 御岳 5

| コメント(2)

先週は後半ずっと風邪気味でなんだか調子が悪く、土曜日は家でごろごろ。日曜は朝御岳な活動があるらしいので、参加しようと思って風邪薬を飲んで早く寝たら、2時くらいに目が覚めてしまった。もう1回寝れる気がしなかったので、2時半に家を出てひとりで御岳へ向かう。

4時過ぎに到着、さすがにまだ暗い。御岳は実は近い。混んでいなければ1時間半で着いちゃう。とりあえずデッドエンドの岩に行ってみる。デッドエンドの岩は2年前初めて御岳に来たとき以来。そのときは台風直後で増水している上に小雨がパラパラしていたし、「デッドエンド」(1級)は結露していて登れなかった。

ホールドをちょこっと触ってみて、当然アップなしにできるような感じじゃなかったので、先に「イギリス人のトラバース」(2級)をやってみる。2年前はたしかムーブを解決したけどつなげられなくて登れなかった課題。触りだすとこれがなかなか難しそうだ。トラバースはパワー使うし、トラバースから上に登りだすところのムーブがさっぱりわからない。いったいどうやってやっていたのか。LEDのヘッドランプだと、照らされた部分がまるでチョークがついているように白く見えてまぎらわしい。しばらくやっているうちにだんだんムーブがわかってくる。ムーブを解決していくのはとても楽しい。5時くらいになると一気に明るくなってきた、がぜんやる気もでてきた。トラバースから上に登る部分が完成したので、トラバース部分の効率のよいムーブをつくる。うん、できた。これは楽。で、つなげてみる。3回目くらいでできたけど、微妙に足がマットに接触して気に入らなかったのでもう1回。おー、またできた。最初はあんなに難しく感じたのに、ムーブが完成すると簡単。地味な課題だけど面白い。2年前はできなかったし、かなり満足。

続いて「デッドエンド」にも触ってみる。左手アンダーと右手カチでスタートし、その後右手をいろいろホールドがあるバンド状へ。スローパーがちょっといやな感じなので、その下のカチとかそのカチとか使ってみるけども、左手をよせてこれない。わからん、これは誰かと一緒にトライしたいところだ。

ソフトクリーム岩へ移動。おー、朝御岳な人がたくさんいる。混ぜてもらう。みなさまはじめまして。みなさん普段はmabooで登っていることが多いらしい。御岳が近いのはうらやましい。

070902_1.jpg
朝7時@とけたソフトクリーム岩

「水際カンテ」(二段)のスタートホールドを触ってみたけど、離陸はとても無理。下地の高さでかなり難易度が変わりそう。マットなしでの離陸は不可能そう。

070902_2.jpg
maboo店長@水際カンテ

前々回登れて前回登れなかった「凹角右」(3級)と「凹角左」(3級)、今日もたくさんのトライを要したがなんとか登れた。前々回はよくわからないままパワーで登った気がするが、今回はちゃんと自分なりのムーブができた。凹角右はカンテに乗り込んでバランスを取った状態で左手をクラック上のカチによせてくるところが核心。よせるときに、ずっと右の方のアンダーっぽいホールドを右手で使うと簡単になる。凹角左はクラックのガバから右手クロスでわりといいホールドをとって体を返して、左手をその左のスローパー上のちょっとしたしわという状態になった後、左にはスタンスがないので右足を一気にクラックの上の高い位置に上げてマントルを返してしまう。「凹角左」というよりかは「凹角中央」というラインになるけど楽だと思う。と、いってもムーブは人それぞれです。

070902_3.jpg
erikaさん@凹角左

再びみんなでデッドエンドの岩へ移動。さっきよくわからなかったのでムーブを教えてもらう。よせるところはトゥーフックらしい。なるほどー。おかげで1手と1歩進んだ。でも左のポケットは取れなかった。

070902_4.jpg
ミツさん@デッドエンド

070902_5.jpg
名前聞き損ねましたすみません@デッドエンド

masa-yanさんは見事完登!おめでとうございます。自分も次こそは。

思い思いの時間でそれぞれの用事で帰っていくけれど、最終的に12時くらいに終わり。実は結構な時間登っている。今日は曇っていて涼しかったので、普通に昼登っていても快適な感じでした。朝御岳の季節はおしまいかもしれませんがまた一緒に登りたいものです。みなさま、ありがとうございました。

2級 イギリス人のトラバース
3級 x 1

このアーカイブについて

このページには、2007年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年8月です。

次のアーカイブは2007年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。