TFCC鏡視下手術

| コメント(2)

金曜~土曜で手首の両手術をしてもらってきました。今回はどちらかというと検査目的の手術です。

10/5

金曜日、10時半ごろに入院の受付を済ませ病棟へ。一緒に病棟へ案内されていた若い女性も手首にサポーターしていたので彼女もTFCCかな?4人部屋の向かいのおじさんもTFCCらしく、その人は14時から、自分が15時からの予定。手術着に着替えて待ちます。前日夜から飲食禁止なのでお腹が減ります。両手手術予定なので足に点滴の針を刺す。「足は痛いよー、先に謝っておくね」と看護師さんは言っていたのでドキドキしたが、たいして痛くなくてよかった。

外来が忙しいらしく、16時の時点でまだ6人患者さんがいるとのことでした。向かいのおじさんはここではなくK病院のほうで診察を受けているらしくて、そこでは外来は100人待ちとからしい。待たされるのはぜんぜんかまわないが、むしろ先生は大丈夫なんだろうか。毎日多くの外来患者を診察し、その後は手術。今日も少なくとも3人、もっとかも。タフだなあ。いったい年間何人の手術をしているの?頭が下がります。

17時ごろに外来の診察をおえたN先生がやってきて、今日は鏡視下で両手の検査・クリーニング(滑膜切除)と、場合によってはピンニング(?)まで、短縮手術はしない、と確認する。ん?ピンニングしたらギプス固定?と思いつつ、まあそれならそれでもいいのでそのままお任せすることにする。程なく向かいのおじさんが手術へ行き、18時半ごろが呼ばれる。

手術台に横になり、いつ麻酔をかけられたのか覚えていないが気がつくとすでに元の部屋のベッドの上。21時過ぎだったか。手は動くしギプス固定されていないのでクリーニングだけしかしなかったんだなと理解する。手術前はアソコに管を通すか通さないかとか看護師さんに相談されていたが、幸い通されていなくてよかった。そのまままた寝る。なんども目が覚め、トイレに行きたかったが動くのがめんどくさいので我慢する。

10/6

071006_1.jpg

昨日何も口にしていないので朝ごはんがおいしい。足の点滴をとって自由になる。手も包帯が巻かれているが別に動かせるし痛くもない。向かいのおじさんは尺骨短縮したようなのでごっついギプスを巻かれている。退院を今日にするか明日にするか聞かれ、迷わず「今日」と答える。向かいのおじさんも今日と答えていたが、その後、タバコを吸いに行ったら急に血圧が下がって体調が悪くなってしまったらしく、車椅子で運ばれて戻ってきた。そしてやっぱり明日退院にすると言っていた。

退院の準備をして待っているとN先生がやってきた。やっぱり関節鏡での検査とクリーニングのみだったみたいで、鏡視下でやれることはすべてやったよ、とのこと。右手はやはりTFCCが切れていて穴が開いているそうです。治すなら尺骨短縮かなーって先生は言っていました。尺骨が特別長いわけではないけれど、「少し」長いし、普通自分くらいの年齢で切れるようなところではなく、回旋したときなどに動的にプラスバランスとなっていて、それによって磨耗している可能性も考えられるらしい。最初、次の診察は2週間後となっていたが、来週に変えてくれた。抜糸しなきゃいけないみたい。

退院の際、手術のときの手首の写真をもらう。内視鏡の写真なので見てもよくわからん。そういえば治療費のことあんまり考えてなかったので支払いの際にちょっとびっくり。でも、手首が元通りになって普通にクライミングできるならお金はいくらでもだすな~。

全身麻酔の手術にもかかわらず、1泊2日で終わるとは非常に助かります。

写真撮影係やりますのでクライミング等には引き続き誘ってください。

コメント(2)

はじめまして。
私もTFCC損傷・有頭骨あたりに原因不明の炎症・もしかしたら手根不安定症…という症状で
12月に手首の内視鏡検査兼クリーニングをK病院で受ける者です。
突然コメントしてしまって申し訳ありません。
K病院で外来一日100人位のN先生なのでもしや…と思ってしまいました。すいません。
自分は漫画を描いて生きている人間なのですが
TFCC損傷と、肘の関節で神経が圧迫されて麻痺するというのが同時に起こり
もう右腕がだいぶ使い物にならなくて滅入っているところなのですが
こちらのブログを読ませて頂いて、
これから受ける治療を同じように受けている方が居るんだ…!
…という事ですごく勇気付けられています。
これからも読ませていただきたいと思います。
突然申し訳ありませんでした。
乱文失礼致しました…

>ヒダさん

はじめまして。

手術後次の日からほとんど普通に動かせていますし、痛みもまったくありません。クリーニングのおかげで若干スッキリした気がしないでもないですが、抜糸して包帯とってみるまでははっきりとはわからなそうです。

絵を描く仕事でTFCC損傷では大変ですね。大掛かりな手術をしてしまうとしばらく仕事も難しくなるでしょうし、クリーニングでよくなることをお祈りしています。

このブログ記事について

このページは、sotoが2007年10月 6日 14:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不注意な朝」です。

次のブログ記事は「07/09/22 Pilgrimage DAY1」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。