07/09/22 Pilgrimage DAY1

| コメント(7)

9/22 Narita → Bangkok → Bangalore

10日間の休暇をとってHampi巡礼の旅へ。

ハンピはBigUp Productionsの「Pilgrimage」で一躍有名になったインドのボルダリングエリア。就職前に卒業旅行として行こうと考えたりしてたんだけど、そのときは正月に肩を痛めてクライミングは微妙だったことと、トリノオリンピックを観たかったというのがあって結局行かなかった。今回Fontainebleauと迷ったけどフランスはいつでもいけるけどインドは若いうちのほうがよいような気がしたのでHampiへ。

ハンピの情報源はこの辺↓です。

日本語
http://www.dynawall.com/stonemagic/hampi1.html
http://www.dynawall.com/stonemagic/hampi06_01.html
http://www.parrmark.co.jp/outdoor/nis%EF%BD%88iwaki_travel_03.htm

英語
http://www.canpirra.com/HampiWebSite/Hampi_Home.html
http://www.hampi.in/bouldering-in-hampi.htm
http://www.javu.co.uk/Climbing/Articles/Hampi/

動画
http://jp.youtube.com/results?search_query=hampi+bouldering

Google Maps

拡大地図を表示
※Hampi周辺は解像度が高くて遺跡やボルダーがわりとよくわかる。

直前は仕事がわりと忙しくあまり準備もしなかったが、そもそもあまり準備が必要なところではない。パスポートとビザと航空券、それからUSドルのT/Cか現金があれば、あとは普段ボルダリングに行くのとほとんど変わらない荷物でいける。ボルダーマットは借りれるし、着替えも2セットあれば十分。ただし、今回はカメラ関係の荷物がちょっとプラスになっている。手首の調子はどうせよくないので、クライミングはもちろんするけど、クライミング写真を撮りたいというのが今回の旅行のもうひとつの目的。直前にレンズを買い足し「TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II」「TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di」「CANON EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM」3つのレンズを持っていった。

ハンピへはバンガロールかムンバイ(ボンベイ)が入口となる。バンガロールのほうがちょっと近い。バンガロールへの日本からの直行便はなくエアーインディアでも乗り継ぎが必要。タイ航空がバンコクからバンガロールへの便を出していて、今回はタイ航空を利用で↓こんなスケジュールです。

9/22
成田1000→1430バンコク2115→2315バンガロール
9/30
バンガロール2245→0405バンコク0735→1545成田

21 日前までに申し込みが必要な正規割引航空券で9万+燃料サーチャージ等で11万ちょっと。トラベルコちゃんからオンライン予約。インドはビザの申請が必要だけど大使館に行く時間がなさそうだったので旅行会社にビザも取ってもらった。本当はバンガロールからハンピに行くのに夜行列車を利用していきたかったのだけど、どの航空会社を利用してもその時間には間に合いそうになかった。バンガロールからホスペット(ハンピへのゲートシティ)への鉄道は↓こんなスケジュールです。

バンガロール2205→0740ホスペット
ホスペット1955→0630バンガロール

成田を10 時に順調に出発。Tシャツしか持ってきていないので飛行機が寒い。日本とタイの時差は2時間、タイとインドの時差が1時間半。バンコクでは乗継まで6 時間ほどあったので、1回入国してバンコク市内をちょっと観光。時間もなかったし3年前にも来ていてそんなに行きたいところもなく、ブラブラしてちょっとご飯を食べただけ。一度出たため再チェックインの際にはAirport Taxとして700バーツが必要になった。

070922_1.jpg
タイ国際航空

070922_2.jpg
成田→バンコクの機内食

070922_3.jpg

070922_4.jpg
バンコク市内

070922_5.jpg
バンコク市内

バンガロールへの飛行機はちょっと遅れて出発。機内はインド人ばっかになった。機内食はVEGとNON-VEGで明確に分けられている。インド人はアルコールはあまり飲まないのかと思いきや、ハイネケンとかスコッチとかガンガンおかわりしている人もいた。しかし飛行機は寒く、凍えてしまう。

バンガロールに24時前に到着。今回はお金は基本はUSドルのT/Cで持ってきた。ほかに一応円のT/Cと、ドルのCash、円のCashも少しある。ハンピでT/C が両替できるかよくわからなかったので、空港でとりあえず旅行中必要になりそうな分を全部両替した。空港でのレートは1ドル=38ルピーだった。1ルピーは約3円。モンベルのザックカバーをつけた日本人の女の子がいたけどちょっと挨拶しただけ。女の子ひとりはなかなか勇気がいると思う。

Hampi経験者のたっくんに直前に話を聞いたところでは夜中2時過ぎにバスに乗ったとのことだったので、プリペイドタクシーでバスターミナルへ行ってみる。噂に聞いていたとおり、運転は激しく荒くクラクション鳴らしまくり。着いてみると人はたくさんいてバスを待っているのかその辺で寝ていたりするが、Hospet行きのバスはすでに終了している模様。時刻表には9:00~23:30と書いてある。フラフラしているとたくさんの人からホテルとかリクシャー(※1)とかいろいろ声をかけられ、結局案内してもらう。値段とレベルを伝えればちゃんとそのとおりの部屋へ案内してくれるようだ。相場とかよくわからなかったけど、100ルピー、ベッド、この近く、という条件を伝えたらちゃんとその通りなところへ案内してくれた。看板も何もないところで、一人でたどり着くのは絶対に無理。その分ちゃんと案内料を要求してくる(※2)。20ルピー。さらに、日本のコインが欲しいというので50円をだしたら欲しがらず結局100円をあげた。穴の開いたコインは人気がないのかな?ガイドさんやゲストハウスの人と久しぶりに英語で会話をしたが、思った以上に英語力が低下しているのか、インドなまりに慣れていないのか、会話に非常に苦労した。部屋はドミトリーでベッドが8人分くらいあってすでに何人かインド人が寝ていた。

※1
オート三輪のタクシー。インドの町はリクシャーであふれかえっている。タイでいうトゥクトゥク。語源は人力車らしい。

※2
頼んだ場合はもちろん、そうでない場合も、いつの間にかガイドをして最後にガイド料を要求するというのはその後もよくあったパターン。無茶な額を要求されはしないし、自分が適切だと思う額を渡せばいいと思う。

コメント(7)

お久しぶり。
インド、いつか行ってみたいと思う地のひとつ。
それに岩があるんだからそりゃもう楽しいと思います。
でも、やっぱり一人で行くのは勇気が…。
続き楽しみにしてます。

>かんちゃん

お久しぶり!

ひとりのほうがむしろ楽しいかもしれないよ。シーズンを選べばクライマーはいっぱいいるはずだし。Hampiに限ってボルダリングじゃなくて、普通にインドを旅するのもすごく楽しそうと思いました。10日とかじゃなくて1ヶ月とか数ヶ月とか長い期間で。

こんにちは、YOKO@船橋です。
お久しぶりです。
私はインド、大学生の時に初海外で行きました。1ヶ月間。
その後ネパールばかりになって2回目はないですが、インド好きです。

客引きへの対応など、当時の自分とちがって「大人だなー」と思いました。
自分は、インド入国直後から騙されたりで「絶対ボラれない!」「誰に会っても断固信用しない!」とがんばってました。

いちおう1人で行く勇気はなく、たまたま同じことを考えていた同じ学部の男友達と道連れになりましたが、途中から意見が合わずケンカばっかりで宿だけ一緒の別行動。とほほ。
海外は1人がいいですね。

>YOKOさん

初海外がインドとは勇気ありますね!

自分もマレーシアとかタイで騙されたことがあるし、今回だってサイフは落とすしいろいろ失敗もしていて、旅下手だなーって思います。

やっぱりお金のある日本人という目で見られてしまうし、実際お金はあるわけで、お金の上手な使い方は難しいですよね。今回は無理に安く済ませようという気はあまりなく、ツーリストプライスでちょっと多めに払っていることはあっても、それはそれでOKという気持ちでいました。

>ちょっと多めに払っていることはあっても

ちょっと多めならいいんだけど、相場を知らないととんでもなくふっかけられるじゃないですか。10倍くらいは当たり前に。
シャツを買うときに、言い値の半分の額にしてみたら満面の笑みで包みはじめちゃって、「ぐぞ〜〜〜〜!」ってもんでした。
なんか再びくやしくなってきた!
性根がケチなのかなあ。。。(-_-;)

ふふふ、確かにそうですね。値切って買っても適切な価格だったのかどうかさっぱりわからないですよね。後で相場より高く買ってしまったとわかると自分も悔しいです。

でも短い休みに高い飛行機代を払って来ているせっかくの旅行なんだし、どっちにしろ日本円にしたらたいした額じゃないんだし、いちいち気にして神経を使うのはもったいない、そう自分に言い聞かせていましたよ。

みやげもの屋もつかまるとなかなか返してくれないし、値段交渉もいちいち疲れます。である程度相手と話をしていると相手の生活も想像できてきて、仕事なんだからそりゃ当然なわけだし、たまたま日本に生まれたおかげである程度のお金を持っている自分が、現地の人よりちょっと多めに払うのは一見不公平ではあるけど実は公平なことかもしれなくて、納得できないことじゃないと思えてきました。リクシャーにちょっと多めに払ったりとか、現地の人には数ルピーのチャイが10ルピーだったりとか。

今回はサイフを落としたおかげで逆にサイフの紐が緩んだかもしれません。

でも少なくともHampiではとんでもなくボラれるようなことはなかったですよ。Delhiあたりだとそうはいかないのかもしれませんね。

ストマジの方が印度日記 2006その4でこのあたりのテーマについて書かれいて、こうやってツーリストが落としていくお金がHampiの人々の生活を大きく変えてしまっていることが、果たして本当によいことなのかって疑問を投げかけていました。

>短い休みに高い飛行機代を払って来ているせっかくの旅行なんだし

確かにその通りですね。
そこが、学生やツーリスト専業の人との違いですね。
しかもクライミングっていう目的できているならなおさら。

リンク先読みました。
こちらが無造作にお金を出すのは、動作としては5.6くらいかもしれないけど、色々な影響を考えると5.11aくらいありそうだ(私のレベルの、勝手な体感グレードですよ〜。ちなみに5.11bまでしか登れたことない)

ネパールで、1回目のとき仲良くなった現地の少年が、進学したいから援助してくれってよく手紙を送ってきて、その後何回も会いましたけど、どうしても現金は渡せなかった。ケチとかではなくて、「たまたま出会ったこの子にお金をポンとあげることが、いいのか」って疑問がぬぐえませんでした。教科書や、生活用品やよそいきの靴を買ってあげただけでした。

経済的な差が大きい国での、お金の使い方は難しいのだ(~_~;)
まだスイスとか北欧で「たかい、払えない!」と泣いてるほうがラクなのだ(~_~;)


このブログ記事について

このページは、sotoが2007年10月 6日 22:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「TFCC鏡視下手術」です。

次のブログ記事は「07/09/23 Pilgrimage DAY2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。