ホットワックス

| コメント(6)

板も買ったことだしひさしぶりにホットワックス。去年は一回しかやらなかった。なんちゃって飛びスキーヤーとなってからはワックスなんてどうでもいいと思っていたけど、やっぱりけっこう重要だと思う。滑らないと危ない。あたりまえか。ただしジブはやらない前提で。

板と一緒にワックスアイロンも買ってきた。アイロンなんてどうでもいいじゃんと思って1500円の普通のアイロンを使っていたけど、やっぱり専用のアイロンは使いやすい。とくにこのVITORAのやつはサイドが緩やかな凹型になっていて、そこにワックスがたまってこぼれづらいので効率がいい気がする。

071225_1.jpg

New板と一緒に旧TMにもワックスしてみたけど、板の汚いこと汚いこと。ワキシングペーパーが真っ黒になりました。

ホットワックスをかけていながら、ワキシング理論を自分はいまいち理解できていないのですが、基本的にワックスリムーバーは使うべきではないという理解で合っているんでしょうか。レーサーな人はシーズン前に10回とか20回とかベースワックスをかけて下地を作るそうですが、そうするとリムーバーなんか使うわけにはいきませんよね。シーズンに入ったら滑るごとにクリーニングはなしでいきなり滑走ワックスをかけるんでしょうか。それとも毎回ベースワックスでクリーニングとかして滑走ワックスでしょうか。そもそもホットワックスでクリーニングというのも汚れがしみこんでいきそうな気もするんですがそんなことはないんでしょうか。

071225_2.jpg

もうタイムアップですがクリスマスっぽくバジルトマトパンを作ろうとしたら生地がべチャべチャとなり失敗。

コメント(6)

飛び板にホットワックス掛けてジブをやらずにまじめにカービングって、なんか方向性がナゾだね。ヘルベントで整地を滑るのに近い気がするのはオレだけ?飛びが上手くならなくて僻んでるだけだけど。

>えっちぼん
板が滑らないとキッカーでスピード調節難しくない?別にレースチューンする必要はないけどホットワックスぐらいのメンテは必要かなと思い直した。
基礎板とコブ板と飛び板を3本買えるなら使い分ければいいけど、そうじゃなかったらやっぱり比較的滑れる飛び板を選ぶかな。

チューンショップに聞いてみたけど、やっぱりリムーバーは使わず、ベースワックスでクリーニングしてから滑走ワックスをかけるのがいいみたい。ハイシーズンはそんなに汚れないから滑走ワックスだけでもいいって。

ワックスのこと勉強になったよ。ありがとう。でも、ホットワックスを自分でやるのは面倒くさいな。メンテしないとダメなのかな。
アプローチスピードが足りないほど板が滑らないと嫌だけど、そんなに危ないことってある?ワックスのせいでそこまで滑らなかったことってないんだけど、擦ってるからじゃない?

>えっちぼん
あるっしょ?上に登れるところはいいけど、スタートが決まってて、漕いでも届かないところとかあるよ。

中山峠だと届かないキッカーもあったけど、周りの人が届くのに、自分だけ届かないってことはないけど。届かなかったキッカーをホットワックスで独り占め出来るなら、やってみたい気はする。レビュー待ってるよ。

このブログ記事について

このページは、sotoが2007年12月26日 02:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「07/12/23 かぐらスキー場」です。

次のブログ記事は「レタス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。