08/01/03 ガーラ湯沢スキー場 2

| コメント(5)

また行ってきました。一人が好きってわけではないけれど、一緒に行く人がいないのでまた一人。

行き先もまたGALA。どうせなら違うスキー場にも行きたいけれど、まだまともなキッカーがあるかどうかよくわからないので、とりあえずキッカーと人工コブは少なくとも面白いGALAへ。

フロントガラスにはひびが入っているので速度は控えめに。関越トンネルの手前あたりで気がつくとひびが4cm伸びていた。

本日の天気はすばらしくよく、快適。人工コブがきれいになくなっていたけど、インストラクターの人たちが小回りしまくりで、午前中には見事なモーグルバーンがオープンした。パークは1個でかいキッカーが増えて2レーン2個ずつだけど、でかいのは届かないし実質1回に1個しか飛べない。6メートルくらいので練習。TMとDogenと両方使ってみたけど、Dogenのほうが飛びやすい。同じかけだとTMのほうが回らない気がする。重さが2本で1kgぐらい違うのと、スウィングバランスの差かな。コブはやっぱりTMのほうがよい。

ちょっと前に買ってすっかり存在を忘れていた「基礎から学ぶフリーライドスキー」DVDを元旦に見たところ、これがなかなかいい内容で、2点いや3点重要なポイントがあり、それを意識するとけっこう調子がよかった。

1. サッツでは骨盤を前に出すように伸び上がる
2. スピンのサッツでは前後に手を開く(ストレートでT字ジャンプをするときと同じ)
3. スイッチでは体重は後ろ足で回転の軸も後ろ足

相変わらずグラブはできないけど360はスムーズに回れたのでよかった。フェイキーの滑りも両側かなり安定してきた。

チューンした意味がまったくなくなってしまうが、ジブもやりたくなったのでDogenはジブ行き。これも「基礎から~」DVDの内容だけど、レールを無理に通そうとせず、斜めに入ってちょっと乗って降りる感じで練習していたら、かなり幅広(20cm)のレールだけど結構乗れるようになって来た。ボックスよりレールのほうが抵抗があってすっぽ抜けない分乗れるのかもしれない。左足前にしたのもよいかも。どうしてもブーツの真下ではなくてトゥ側で乗ってしまう癖があって、かなり意識しないと真上に乗れない。相変わらずエッジスライドだけど、「基礎から~」DVDによるとそれでよいらしい。ときどき変なこけ方をしてしまうのでジブは怖い。一回前で降りるのか後ろで降りるのか中途半端になって上手く降りれずに、頭を打ってくらくらした。こういうのがあるとヘルメットが欲しくなる。

コメント(5)

DVDいいみたいだね。でも、骨盤って聞いてもピンと来ないな。やっぱりDVDを見ないとダメかも。スピンで開く手は、回転方向の手が後ろでいいんだよね?回転の軸?後ろ足?

ジブはケガしないように気を付けてね。今シーズンは自分もDogenでジブやろうかと思ったけど、怖いから結局やってない。

ちょっとその書き込みを参考にして次飛んでみます。
ジブも飛びもそうだけど途中で悩んでしまうと失敗しますね。
変な転び方を改善するにはボックスで練習した方が安全かと思いますけど・・・w

>えっちぼん
骨盤っていうか、腰。
まあDVD見てみ。飛びジブDVDとか、スキーでパーク入門DVDよりは参考になったよ。

>N田くん
ガーラではボックスがキッカーとは別の場所にあったの。
ジブはプロテクター欲しいよね。

DVD見たら早く飛びたくなったよ。1.はなんとなく分かったけど、2.は良さそうだ。でも、腕を広げたら回転遅くなりどうだけどね。3.はピンと来ない。とりあえず、今シーズンはスイッチランディングも練習してみようかな。どっちでも降りれた方が融通利くよね。DVDを見た成果は追々報告してくよ。

>H本
スピンでもちゃんとT字してから動くようにすれば、きれいにグラブできるんじゃないかという気がする。
後ろ足に体重乗せとくとスイッチテイクオフしやすかったよ。

このブログ記事について

このページは、sotoが2008年1月 5日 11:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あけましてひび」です。

次のブログ記事は「08/01/04 ガーラ湯沢スキー場 3」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。