08/03/23 スノーパーク尾瀬戸倉 5

| コメント(3)

苗場にカナダカップ観戦&フリースキー試乗会に行こうかな、とも思ったのだけど、やっぱり自分が滑るほうがよいのでまた尾瀬戸倉へ。4時半に到着。

しかしリフトの動き出す8時を過ぎても眠い、疲労がひどい。いつもと違う。そもそも今週は体調を崩していて、木曜もまるまる寝ていたし、まだ回復しきっていなかった。そのうえ土曜日はX-techに行って、結婚式の2次会に参加して、さらに深夜のドライブはきつかった。

スキー場はところどころ土も出ている。このペースだと来週はもう無理なんじゃないか。3連キッカーはさらにサイズダウン。4-7-9mくらい?2-Wayのほうはでかいままだけど1-Wayになっている。予想したとおり今日はキッカーにスキーヤーはほとんどいない。でもなぜかボーダーが多く、いつもより順番待ちが長い。すいてると期待していたのに。

3連でスイッチを中心に練習。7mなら入れる。9mも入ってみたけどテーブルに落ちて解放して吹っ飛んだ。アプローチの間に正しいポジションを作れれば大丈夫なんだけど、その正しいポジションを見つけるのに時間がかかってしまう。さらに速度があがってくるとビビってポジションが作れない。

昼近くになると雪のシャバり具合がひどくなり、板は走らないしアプローチやアールの雪が汚れた部分で急激にブレーキがかかったりしてとても飛びづらくなってきた。

元2-Wayのほうがよさそうだけど、飛んでいるのがボーダー数名だけでスキーヤーがいないので、アプローチスピードがわからなかったのでやめといた。リップがライナーっぽくなっている気もして、適正速度の範囲が狭くなっているようにもみえた。

スピンのサッツを改善するべく4mでヘリコプター型360をやろうとかもしたら全然できない。今日はそもそも360ができてないのか?調子悪い。

お昼のメンテナンスタイム、板を変えてジブ。フラットダウンボックス、ワイドボックスで4回連続ですっぽ抜け。なにが悪いのかもよくわからない。前回はワイドボックスでなんちゃって270inできてたのに。腰が痛い。やっぱり今日は疲れてるし調子が悪いのだろう。怪我する前にもうやめることにした。

で、12時半にはスキー場を後にあとにしました。やっぱり苗場に行けばよかった。

コメント(3)

そっちもシーズンそろそろ終わり?こっちも今年はヤバいかも。

ヘリコプター型360って意外に難しいよね。

ストレートのサッツって、上半身は地球に垂直、下半身は斜面に垂直な方向に伸び上がるのが正しいんじゃないかと思うのね。そうすると空中で軸が前傾する回転力が加わるでしょ。

スピンの場合って、サッツの瞬間90度上半身が先行していたとして、そのときは肩のラインは地球と平行?それとも斜面と平行?さっきの理論で軸が前傾するためには地球と平行そうな気がするけど、ビデオを見ると実際は斜面に平行っぽい。どうしてそれで軸が前傾してくるんだろう?自分も感覚でも地球と平行なときは(右手が十分に上がっていないときとか)後傾する気がする。

ん、スイッチの場合も上の理論だと説明がつかないな。

スピンの場合も空中で軸が前傾する回転力が加わるんじゃない?例えば、腕を伸ばして傘を持って、頭の後ろから回転させながら前に倒すような、そういう動きだよね?やっぱりサッツ前の先行動作は弱めで、サッツ直後にしっかりかけるんじゃないだろうか。基礎フリを見ると、サッツ直後に引き手をブンッと回してるように見える。

ところで、この間初めて最後まで基礎フリ見たけど、やっぱり上手い人たちも失敗するんだね。

このブログ記事について

このページは、sotoが2008年3月23日 22:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「桃色たんぽぽ」です。

次のブログ記事は「08/03/30 スノーパーク尾瀬戸倉 6」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。