08/04/20 X-tech

| コメント(2)

今日はX-techへ行ってきた。

トランポリンのインストラクターさん、ミスティのうまいボーダーのリョーさん、スイッチのうまいスキーヤーさんがいて、お話したり教えてもらったりして面白かった。

リョーさんにミスティとコークの分解練習を教えてもらった。練習しようにもその練習方法がさっぱりわからなかったのでとてもうれしい。コークの軸が戻ってくる原理がさっぱりわからない。トランポリン競技出身のインストラクターさんはミスティは簡単にマスターしていたが、コークとロデオはよくわからないといっていた。

720
コーク720への第一歩
ミスティ540への第一歩

それからスイッチのうまいスキーヤーさんは板履きでスイッチでもかなりの高さで跳んでおり、すっかり感心してしまった。話をしてみれば戸倉に通っている人らしく、どんなウェアかきいてみればやっぱり見たことのある人でした。

雪上はともかくトランポリンでコークできるようになりたいな。

コメント(2)

まず驚いたんだけど、もうオフトレ?たまたま?
720すごいね。駒のように回ってるね。クイック・クイック・クイック・クイック?回ってるとき方向分かった?
コーク720もミスティー540もおしいね。ヘルメットもあるし、来シーズンは3Dかい?で、結局、軸が戻る原理は分からなかったってことなの?

交通費が1万円近くかかって、往復8時間かかって、しかもキッカーもリフトもめちゃ並ぶんだよ。疲れるわ。なので今週は近場で済ますことにした。でもまだガーラの券があまってるから使わないと・・・

正しいやり方かどうかはわからないけど、720もかけは360とほとんど同じ強さのつもりでやってるよ。手をしっかり広げてスピンをかけてから、180くらいで腕を縮めて加速する感じ。スロー・クイック・クイック・クイック?最後の半回転をスローにできてるときはその半回転は見えるかも。

コークもミスティーも原理はよくわからないね。歳差運動らしいけど。目標は30で3D。

このブログ記事について

このページは、sotoが2008年4月21日 00:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「STONE COLD」です。

次のブログ記事は「コークの原理」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。