コークの原理

| コメント(4)

わかってきた、ような気がする。

「パワーモーグル エア編」DVDにあるトランポリンでのコーク720のお手本をよーく見てみた。それからトランポリン教室のコーチにもビデオを見せて意見を聞いてみた。ビデオをよくと見ると、最初後ろ方向に軸を倒しているけれど、後半は頭が横にきていてる。これは、倒れた軸がまわっているっていうこと。これとかみると水平に倒れた軸が横にまわっているのがよくわかる。

なので、たぶん次の3つを同時に行っているのが3Dのかけ。

①スピン
②軸を倒す
③軸をまわす

080425_1.jpg

ザ・モーグル2004②にも3Dの解説があるらしかったので、Amazonで中古を買って読んでみた。ザ・モーグルには「ジャイロ効果」で軸が戻ると書いてあるがそれは違うような気がする。「ジャイロ効果」は回転しているコマに外から力を加えて傾けても軸が自然に戻る動きのことのようだけど、1秒間に2回転程度のスピンでそんな力は働かないんじゃないか。運動としては歳差運動(コマが倒れそうなときの動き)というのはたぶんそうだけど、軸を倒せば自然とそうなるのわけではなくて、意図的にその動きをつくりだしてるんだと思う。

ちなみに、トランポリン競技でもコークスクリューって名前の技があって、そっちは背落ち~1回半捻り背落ち。

コメント(4)

②と③を別々にかけるイメージがつかめないんだけど、斜めに軸を回すってことでいいんだよね?
ちなみに、フルツイストって①と②の組み合わせ?
あと、コーク360ってあり?

別々じゃなくて①と②と③を全部同時にかけるんだと思うよ。
フルツイストは①と②で、後ろに軸を180度倒す。トランポリンの技は③の要素がないのが普通。
コーク360はありでしょ。さすがにコーク0とかミスティー0はありえないだろうけど。コーク180はどうだろう?

なるほど。同時にかけるのか。
フルツイストって軸を180度倒す!?初めはドキッとするけど、なんとなく分かって来たような気がする。
Dスピンは①と②と③で軸を90度以上倒すってことだね。
確かにコーク0はありえないと思うけど、②と③だけだとコーク180にならないかな?
ところで、②の軸を倒す向きは、後ろ以外にも横や前でもいいの?それだと別の技?

ザ・モーグルには9時の方向に倒すのがミスティ、12時の方向に倒すのがロデオって書いてあるけど、自分はミスティが11時くらい、ロデオが2時くらいかと思ってた。
まあだいたいそのあたりの間のどこかに倒せばいいんじゃない?

このブログ記事について

このページは、sotoが2008年4月25日 23:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「08/04/20 X-tech」です。

次のブログ記事は「訃報」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。