08/05/25 月山スキー場 2

| コメント(3)

2日目は雨。毎年雨らしい。モチベーション下がる。

今日は午前中のみ。08/09 Keo's SSを履いてみたかったが、迷った末やめて自分の板(07/08 Trouble Maker)で滑ることにした。朝1本目のコブでは、後傾して板がすっぽ抜けそうになった。雨と気温が低いので雪面が滑りやすかったせいもあるだろうが、ツインチップの板はやっぱり抜けやすいのかなとちょっと思った。

レッスンでは腰を回さない練習。うーむ回ってしまう。

帰り道は恒例となっているらしい寄り道(さくらんぼ、かもそば、おんせん、たまごプリン)をしながらのんびりと帰ってきた。

ところで今回は滑り目的なので、若干また足首が痛くなるリスクはあったもののNEWブーツ(07/08 Cross 9.0)のほうを使った。小指側があたる。でも逆に小指側があたるうちは足首が痛くなるようなことはなく、つまり、小指側があったってそれを避けるために足がブーツの中で内側に移動したりすると、足首がおかしくなってくるのだろう。シェルだししてもらおう、そうすればきっと大丈夫。

それから内反小趾化しているスキーヤーはまわりにけっこういて、これはクライミングシューズもあるがスキーブーツのせいでもあるのだと思った。けっこうひどそうな人もいて、自分のなんかかわいいもんです。

あとMBT履いてる人もちらほら。左右対称であることが重要なスキーヤーにはやっぱりおすすめの靴なんでしょう。

家で荷物を整理しているけどお土産のたまごプリンが見当たらない。車に忘れてきたっぽい。

コメント(3)

OGASAKAがいいの?作ってるところ同じみたいだから、Re IsmのLA-Fでクラウン目指してみない?

今度こそブーツが治るといいな。こっち来てまで痛がってたから。

Re Ismはブルーモリスだから工場違うよ。ストリクトリもブルーモリス。オガサカの工場で作ってるのはID one。

基礎スキーヤーにはオガサカ多いよね。宗教みたいで気持ち悪い。でも品質は圧倒的にいいみたいだよ。もともとの品質が違うし(その分値段も違うが・・・)、海外のスキーは輸送中に劣化するとか。

Re Ismのコンセプトには惹かれるな。やっぱり何でもできる板がいいよ。でも映画でちゃったからなんかミーハーな感じする。

輸送中に劣化って本当?宗教だからじゃないの?仮に本当だとしても、劣化してても十分使えて安い海外のスキーも捨てたもんじゃないと思うけどな。

Re Ismのコンセプトはいいと思ったけど、最近モデルが増えて来たのがナゾ。前出ししなきゃDogenもいい線行ってたんだけどな。

sotoはもともとミーハーだから映画使用モデルで合ってるんじゃないの?

このブログ記事について

このページは、sotoが2008年5月26日 00:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「08/05/24 月山スキー場 1」です。

次のブログ記事は「キャットツイスト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。