キャットツイスト

| コメント(3)

今年に入ってからはだいたい週1回はtenfortyに行っている。最近は週2回のときも。

クライミングなら週1回はなかなか上達しないペース。週2回、できれば3回通うと確実に上手くなる。トランポリンも同じで、週1回だと感覚を取り戻すのが精一杯で、だからなかなか上達しない。もう年なので、学習能力が低くなったのかなあとも思う。一度できた技がすぐにまたできなくなる。

ずっと基礎技を練習しています。5級~1級のルーティーンはそれぞれ汚いながらもできたりするようになりました。どの技も体をピシっと伸ばしてきれいにはできていないので、はたから見ればひどいものでしょう。

上手い人を見ていて、ずっとやりたいなあと思っていた技がキャットツイスト。背落ち~背落ちをキャットジャンプといって、その間に一回捻りを入れるとキャットツイスト。つまり背落ち~一回捻り背落ち。最近、やっと少しずつキャットジャンプが高さをだして跳べるようになってきて、キャットツイストもできそうな気配が見えてきた。キャットツイストの二回捻りはかっこよくて、しかも気持ちよさそうです。あれがやりたいなあ。

トランポリンは高く跳べるということはそれだけ上手いということで、それを測るために、10本のストレートジャンプの時間を測ったりする。もちろん体重のあるほうがトランポリンを深く沈ませられるのでそれだけ有利なので、同じ体重なら、ということにはなるけれど。めっちゃ上手いちっちゃい子どもたちは、体が軽いので15秒とかそんなもん。ヘビー級の自分は最近は17秒台前半。とりあえず、目指せ18秒!

宙返りはほとんど練習していない。基礎がちゃんとできてから。宙返りは体を開いて回転を止めるというのがすごく重要なもよう。一応マットを入れて前方宙返りだけ練習しているけれど、ちゃんと踏めずにスカッったジャンプで抱え込みも中途半端で、しっかり回転も止められない状態です。

レッスン時間が終わった後に、ちょっとだけ遊びでコークとかやろうとしてみたりもするけれど、さっぱりできそうな気配がない。よくわからない。普通の720も回れなくなってしまったし。やっぱりそっち系も一度ちゃんと教わってみたいな。

夜の成人トランポリン教室の前の時間は、小学生の子どもの選手の練習の時間で、ぴょんぴょんくるくる難しい技を跳んでいる。トランポリンは体の動かし方を学ぶのに絶対いいと思う。小さいころにこれをやっておけば他のスポーツをやるにしても絶対生きてくる。もし自分に子どもがいたとしたらトランポリンやらせたいと思う。クライミングは特殊過ぎるのでやらせたいとは思わない。

コメント(3)

キャットツイスト……。イメージ湧かないので、上手くいったらビデオで撮ってよ。

動画発見したよ、すごいの。
http://www.hinerikko.com/movie/6cat.wmv
キャットツイスト6回捻り。2160。

速すぎて何回回ったかも分からなかった。

このブログ記事について

このページは、sotoが2008年5月28日 00:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「08/05/25 月山スキー場 2」です。

次のブログ記事は「おめでとう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。