2008年6月アーカイブ

シャトル

| コメント(2)

今日もトランポねたです。

トランポリンは10本連続で技をしてその難易度・完成度を競うスポーツですが、それとは異なるシャトルという競技もあります。シャトルはクライミングで言うところのアドオンです。2人対戦で、交互にジャンプ。毎回1つずつ技を追加します。そして毎回最初の技から跳びます。

選手A 膝落ち
選手B 膝落ち~腹落ち
選手A 膝落ち~腹落ち~腰落ち
選手B 膝落ち~腹落ち~腰落ち~スイブルヒップス
選手A 膝落ち~腹落ち~腰落ち~スイブルヒップス~1/2捻り立ち

みたいな感じ。で、途中で技を忘れちゃったり失敗しちゃったりしたほうが負けです。やってもいい技は限られていて、背落ちや宙返りなんかはなしです。制限時間は3分で、決着がつかなければ引き分け。3分だとだいたい10~15本くらいの技の順番を覚える必要があります。

で、日曜はそのシャトルの練習会に行ってきました。密かに秋のスポレク滋賀にでることになりました。スポレクっていうのその名の通りレクリエーションな大会で、いろいろへんてこな競技をやるみたいで、けっこうシニアな感じのようです。トランポリンはクライミング以上にマイナースポーツなんだなあ。

シャトル競技けっこう面白いと思う。
技を覚えるのが大変。それに単独では簡単な技が連続すると難しくなったりもする。
やっていい技の中で単独でも難しいのがローラー(腰落ちから一回捻りして腰落ち)。
連続すると難しいのがフルピルエット(一回捻り、360)からフルシート(一回捻り腰落ち)。
フルピルエット~フルシート~ローラーなんかはかなり難しい。
自分から難しい技を仕掛けるのか、それとも相手のミスを待つのか、みたいな戦略も重要だし、自分の必殺技を研究するのも楽しそう。

ジュースとかかけてやったらきっと相当燃える。誰かやりません?

それからその練習会のあとは普通に練習。前方宙返りがやっとそこそこ踏めるようになってきた気がする。最後にストレス発散のため720とかやっていたら、そんなに失敗した印象はないけどちゃんと回った後に着地でいつの間にか横に吹っ飛び、軽く滞空時間を感じた後にベッドの外の木の床に背中から着地。痛かった。反対側に飛ばされていたら、1.5m下の床だったので危なかった。気をつけましょう。

ドキドキ

土器です。
こないだのサッポロファクトリーの陶芸教室での作品が届きました。みんなの分も写真が来たので掲載。

080622_2.jpg
by jun

080622_3.jpg
by soto

080622_4.jpg
by yuji

080622_5.jpg
by takuma

コークキャンプ

| コメント(3)

今日はX-techのコークスクリュー入門キャンプに行ってきた。
これはかなり前から楽しみにしていたレッスン。

080622_1.jpg

しかし、そんなに甘いものではありません。よくわからず・・・
逆にあきらめモードになりました。気長にやります。

レッスン後はリョーさんと知り合いの方々多数と一緒に遊ぶ。今日はとても混んでいて、必然的にゆっくりなペース。X-techに来る人たちはとてもアグレッシブというか、見ていて怖いくらい果敢にフリップとか3Dに挑むからすごい。真似できません。自分はそういうセンスはないのでコツコツやります。今日はキャットツイストがなかなか好調で、連続3回の新記録も達成したし、それで満足。

それからトランポリンシューズ(体操シューズ?)を借りて跳んでみたのだけど、これがすばらしくよい。特にX-techの板跳び用のぼろぼろのトランポリンには効果大。安定する。欲しくなりました。実はX-techに置いてあるのは見ていて、525円か安いなあと思っていたんだけど、実際は5250円だった。でもきっと買う。

08/06/18 スノーヴァ溝の口 2

| コメント(2)

日曜仕事したので今日は代休を取得。スノーヴァ溝の口に行ってきた。立派なリップ(1.5m)に超アンバランスな短いノール(5m)と短いランディング(3m)は恐怖だけどそれなりに練習はできる。新横浜は空気が薄いような気がして頭痛がしてきたが、溝の口はそんなことない。快適。

我慢して基礎中心に練習。棒ジャンなかなかちゃんとできない。Trouble Makerがチューンナップ中で、Dogenのソールがフラットじゃないのとエッジが減ってるせいという気もするけど。

問題は180だ。スイッチランディング怖すぎる。やっぱり360やスイッチ180のほうが簡単。でもこれができないと540もスイッチ360もできないから先に進めない。大きいほうのキッカーで1回だけやったけど後ろにひっくり返って頭と腰を打った。ヘルメットかぶっててよかった。暑いのでプロテクターはしてなかったけどしたほうがいいと思った。雪面硬い。うーむ、どうしたら180うまくなるんだろうか?わからん。

あと腕を横に広げるのはよくない癖だ。横ならまだしも後ろまでいったりもしてるし、これは直したほうがいいと思われる。

最近NOTWAXを買って、使ってみたけどかなりよく滑る。でも前半はよかったが、ワックスがはがれた後半は板が滑らず、ランディングにとどかなくなった。吸水性ポリマーとかいう特殊な雪は、ワックスの持ちが悪いのだろうか。それともNOTWAXの持ちが悪いだけか。

実は6/14に初めて溝に来て、そのときは本当は白川塾レッスンに参加するはずが道に迷って大幅に遅刻したのでレッスンをキャンセルして普通に2時間滑ったのだけど、そのときはちょっと物足りなかったけど今日は平日なので空いてたし板が滑らなかったせいもあって2時間でおなかいっぱい。

それから今日はINVADERにビンディングつけた。結局Dogenのビンディングは移植せず、Atomicの06/07 FFG12-85(SalmonのZ12と同じ型のビンディング)を買った。旧TMを基礎板と交換してもらえるかもしれないので、Dogenをトランポリン用、もしくはウォータージャンプ用にしよう。

コソ連ビデオ

スピンキャンプ

| コメント(2)

080608_1.jpg

レシピ
http://cookpad.com/mykitchen/recipe/484472/

今日はX-techのスピン入門教室に参加してきた。

自己流スピンかフルピルエット(トランポリン競技的な一回捻り)しかできないので、フリーライドなスピンの仕方をちゃんと教わりたかったのが参加した動機。参加者はトランポリンまったくはじめての人も含めていろいろ。でももちろんみんなスキーヤーかスノーボーダー。

やっぱり得るところはあります。忘れないうちのポイントをまとめよう。そういえばX-techのトランポリンのほうがスピンとかやりやすいし高さも出る気がした。反発が強いのかな?

・トランポリンは空中でつま先を伸ばすけど、スキーはブーツで動かないのでつま先は上げたまま。かかとでジャンプ。

・目線はあまり先行させない。回転力をつけるのは肩、もしくは腕。

・両手の高さを保つことで肩のラインを水平に保つ。左手の通ったラインを右手が追いかける感じ。そこに手すりがあるようなイメージ。

・手は下がった位置から伸び上がるときにふんわり上がり、着地時には戻る。腕の位置は斜め前、上げすぎない。

・トランポリンは普通身体を垂直にまっすぐ着地するけど、スキーを意識する場合は着地はやや前傾する感じで懐を深くとる。

・踏み切りでは足を平行にそろえたままにすること。前後にずれると軸が傾く原因となる。

・タックは放物線の頂点より後で。かなり待ってから。タックのスピードはゆっくりやわらかく。タックの時間は長く。180だったら180回ってからタック(それだともちろん若干オーバーするけど)、360だったら270回ってからタック。

・360以上回すときは、360と同じようにやわらかくスピンをかけ、180くらい回ってから身体を締めて加速。締め方はいろいろ。360のときは緩みっぱなしで回る。

モチベーション

| コメント(1)

今日は会社の人たちを連れてクライミングジムに行ってきました。

クライミングは世界で一番面白いスポーツじゃないかと思うのに、このおもしろさはなぜ伝わらないのだろう。いやまったく伝わっていないわけじゃないし、誘えば来てくれるんだけど、自分一人でやろうというほどにはならない。自分がクライミングに誘った人で、クライミングにちゃんとはまった人は一人もいない。誘い方教え方が悪いのかなあ。いやきっとそんなもん。はまる人は自分からやる人。

という自分もずっとちゃんとクライミングはしていない。クライミングへモチベーションが低いというよりも、他へのモチベーションが高い。最近のやりたいことをランクづけすると、

1. トランポリン
2. インラインスケート
3. 室内ゲレンデ
4. ウォータージャンプ
5. クライミング

なので、なかなかやる機会がまわってこない。

ランキングに表れているように、スキーへのモチベーションがオフシーズンにもかかわらず高くて、それはあれをやっとけばこれができそうというような道筋がなんとなく見えるから。以前はあこがれるだけだった技が、なんとなく自分にもできそうな気がする。ちゃんと順序を踏めば。そのための施設もちゃんとあるし、お金を出せば教えてくれるところもある。

来シーズンの目標はスイッチ540で、今360しかできていないのに無謀かもしれないけど、オフにちゃんとやることやっとけばできそうな気がする。スイッチ540は540よりもランディングは楽なはずだし、トランポリンで板を履かずにやってみた印象では、回転の最初でずっと前を向けてそこからくるっと視線を回す感じで意外とやりやすい。360とそんなにかわらない。必要なのはひたすらスイッチの技術のような気がして、そのために、

1. トランポリンで板を履いてスイッチでちゃんと跳べる
2. インラインスケートでバックスケーティングができる

ように練習しておくのがきっといいと思う。さらに、

3. トランポリンで720かそれ以上まわせるようにする
4. トランポリンでいろいろな基礎技を覚えて空中バランスを鍛える
5. 室内ゲレンデでストレートジャンプのサッツ練習
6. 室内ゲレンデでスイッチ180のサッツ練習
7. ウォーターで720とかスイッチ540とかやってみる

あたりをやっとけば雪上でもできるようになるんじゃないか。

という皮算用。

こういう妄想は好きです。クライミングでも同じような妄想はよくしていました。

さあがんばってみましょう。

紅茶ミルククッキー

| コメント(2)

おめでとう

| コメント(2)

やぶくんの結婚を祝いに札幌に行ってきました。

土曜日、秀岳荘でじゅんくん、たっくんと再会。まだ黒い。2人は水曜日から札幌に来て神居古潭 と青巌峡に行ってきた模様。北海道はボルダラーにはそんなに魅力的じゃないかもね、モッタに行ったことないからわかんないけど。腹ごしらえに秀岳荘の近くのスープカレーを食べにいったらちょっと辛くしすぎた。その後ユージさんも合流して、秀岳荘で登った。3人は相変わらずナイスバディです。自分はHampi以来8ヶ月ぶりにクライミングシューズを履いた。思ったよりムーブは覚えてた。テープ課題の簡単なのくらいはできた。やっぱり手首はすぽすぽする。

結婚式にはエーコちゃんも合流してNZメンバー5人です。タイチくんもこれたらよかったのに。たっくんは今回のためにスーツを新調してきていて、着慣れない感じです。ユージさんは慣れた感じでかっこいいです。頼りになります。

新郎・やぶくんは結婚式の準備で疲れた様子でなんかやせていて、思わずみんなで笑っちゃった。奥さんはやさしそうかつしっかりしていそうできっと尻にしかれることでしょう。おめでとう!やぶくん。

自分は偶然にも新婦さんのお父様には学生時代大変お世話になっておりました。とても感謝しております。

カメラは忘れましたごめんなさい。

日曜日は時間つぶしにサッポロファクトリーに行き、陶芸教室が面白そうだったので4人で参加してみた。ユージさんは相変わらず捏ねるの大好きですね。じゅんくんだけ手捻りコースでビールジョッキ(ピンチグリップ仕様)を作成。他の3人はマグカップ。けっこう楽しめます。かたちを作るところまで。あとは色を指定して焼きはお任せ。数週間後に送られてくるはずです。

080601_1.jpg

080601_2.jpg

3人は夕方の飛行機で自分だけ夜の飛行機だったので時間が余り、映画でも観ようかとふらふらしていたら札幌駅で新郎にばったりと遭遇。サッポロファクトリーに「じゃがポックル」の引き換えに行くらしい。じゃがポックルってなんか流行っているらしい。知らなかった。一言でいえば「高級なじゃがりこ」だそうです。どこも品薄となっており、事前に引換券をもらって入荷したら取りに行くらしい。やぶ君は高校の友人たちから大量の引換券を預かっていてそれを引き換えに行くらしく、一個あげますよというのでついていって一個もらった。ありがとう。サッポロファクトリーにはけっこうアウトドアショップが入っているので、それらをしばしウインドウショッピングしたあとやぶくんと別れた。

毎月一日は映画の日。「少林少女」が観たかったがちょうどいい時間にやっていなかったので「僕の彼女はサイボーグ」を観た。「猟奇的な彼女」と「僕の彼女を紹介します」はかなり好き。でもこの映画はひいた。綾瀬はるかが好きな人は観てもいいかも。

このアーカイブについて

このページには、2008年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年5月です。

次のアーカイブは2008年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。