08/08/02 S-air 3

| コメント(2)

F木さんとS-air。

ギャバりビデオ

ほぼ棒ジャンしばり。
お腹でないようには頑張ったつもり。
コマ送りにしてみると全部踏み切り遅れてるっぽい。
スピンはまったく身体が伸びとらん。スピンがよくわからなくなってきた。

台は上から見て右から1番~8番があって、いつもはだいたい2番。見た目でかいのは3番だけど、飛ぶのはアップ系のフリップ用4番。さらにアップ系のモーグル用5番も難しそう。
4番できちっと棒ジャンプできたら、雪上のたいていのキッカーは飛べると思う。

帰り道の、新青梅街道にぶつかるところにある唐園という中華料理屋はおいしいです。おすすめです。

コメント(2)

ギャバりビデオ観たら、自分で飛ばなくてももうお腹いっぱい。
後に手が引けてないのは、お腹が出てないってことなのかな。でも、手がもうちょっと上に上がっているのが自然な気もするけど。
それにしても、1日にこんなに飛んだら疲れるでしょ?

そうだね、なんかきれいな棒ジャンではないね。手、もう少し上げてみるわ。棒ジャンは奥が深い。
そんなに疲れは感じないんだけど、翌日になって強烈なダメージに気がつく。

このブログ記事について

このページは、sotoが2008年8月 3日 00:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「She Knows Muffin」です。

次のブログ記事は「初音ミクのボルダリング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。