08/09/14 S-air 4&塩浜

| コメント(2)

昨日はS-airで白川塾キャンプに参加してきました。久しぶりのウォータージャンプです。

今回は360の基礎からはじめたけれど、棒ジャンでストップがかかってやはり棒ジャン特訓。
激混みであまり飛べないのが残念だ。
棒ジャンプ難しい・・・難しすぎる。バランスを崩さないだけの踏み切りはできるが、そうじゃないらしい。確かに自分でも過去に数回これは!って感じのすごい反発を感じる踏み切りがあった気がして、でも最近はそういうのがない。ちゃんと棒ジャンプができたらあの跳ね上げられるような感じなんだろうか。
迷路に迷い込んででられない感じになってきたのでスイッチをやってみたりも。

レッスン後、集中力が切れた感じで適当に遊ぶ。
もう帰ろう、ラスト一本と思って、飛んだのが割といい感じだったので再びやる気が出てきた。
暗くなる時間になると空いてぽんぽん飛べる。でもなんかランディングが見づらい。

2番台は360やろうとすると自然に540まで回る台なので、きれいに540飛べていれば腕を締めれば720まで回りそう。たぶん700ぐらいまでは回った。

今回のレッスンから学んだこと

1. しゃがめ!
アプローチ姿勢が重要。自分の踏み切りはどうもイマイチらしく、何がどうしてどうイマイチなのかもよくわからないが、低く入ると改善されるっぽい。

2.まっすぐ!
やっぱり踏み切りで足が開いてハの字になっちゃう。できるだけまっすぐ入るべし。へたくそなジビングでスキーのエッジがなくなってるせいで踏ん張りがきかないせいじゃないかという気もする。

3.伸ばせ!
腰を伸ばす。360でも伸ばす。これができてない!なんかくの字になってる。最後の方のはちょっとはできたかな、と思ってビデオ確認してみたら全然できてない。できてる人のと全然違う。

できてる人動画
(とてもすばらしかったので勝手にお手本にしてます、ご勘弁を)

できてない人動画

080914_1.jpg
できてる人(逆回り)

080914_2.jpg
できてない人

080914_3.jpg
台が大きくなるともっとできてない人

レッスンはおすすめです。教わらないで適当にやってるのと教わるのではぜんぜん違うと思う。S-airでもなんかぐるぐる回ってる人とかたくさんいるけど、基本がおろそかになってて、間違ったまま間違った動作を繰り返してるように見える人もいる。問題は質。去年までさんざん360にグラブが入らなくて苦戦してきたけど、それは単にちゃんとした360ができてないだけだったと思う。特にウォーターだと着地が曖昧だから、ミュート360のほうがごまかしが聞いて簡単。未だにできないが、きれいな棒360ができればグラブなんて簡単。

それに久しぶりにレッスンに参加してみて、毎回参加してる人たちの上達っぷりにちょとびっくりした。きれいな360スピンや、先月やっと360できるようになったとか言ってた人がなぜかもうミスティー720やってたり。

あと2回はウォーターに行く予定なので、何とか棒360はマスターしたい。

そして今日はこれまた久しぶりに塩浜パークへ。

今シーズンの目標はスイッチでの360そして540なのだ。スイッチをするためには何はともあれスイッチの滑りの技術!そのためにはインラインスケートが一番いいと思われる。
久しぶりなので最初はもうふらふらふらふら。何時間か滑ってやっと先月くらいの感覚になったかな。相変わらずバックロックはできないな。いつになったらできるのか。バックロックができたら連続で滑れるからきっともっと楽しいのに。

夏場はもう暑すぎて大変だったけど、これからはスケートにはいい感じの季節です。

コメント(2)

何よりコツコツと練習するsotoは立派だと思うよ。ジャンプはあまりカッコよくないけど、練習に打ち込む姿はカッコいい。

棒360って要はモーグルのヘリコプターのことなんだよね?今シーズンはsotoのウォータージャンプを参考にしてオレもちゃんと練習しようかな。モーグル草大会デビューへ向けて。

そうだね、ヘリコプターだね。
自分も今年はフリーライド草大会デビューを目指すよ。

このブログ記事について

このページは、sotoが2008年9月15日 21:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クリアな視界」です。

次のブログ記事は「08/09/20 S-air 5」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。