09/01/10 スノーパーク尾瀬戸倉

昨日は白川塾ジブレッスンに参加しました。天気は最悪で、絶好のジブ日和でした。白川塾の、特に教わったことのないテーマのレッスンはできるだけ参加しようと思ってます。

正直ジブはあまり好きじゃないです。でも食わず嫌いかもしれないし、ジブアイテムが並んでるのによけるのももったいない。

ジブのエントリーは要は飛びと同じ。基本姿勢が大事。乗るときは右足前か左足前かちょっと迷うところで、確か去年は左足前をやっていた気がするが、普通はスピンの方向らしいので今回は右足前で。

基本のロックスライドがさっぽりうまくいかない。とりあえずエッジが立ってしまう。これは最後まで治らず。あとフェイキーアウトになってしまったり。レールにステップアップするためには、足の前後差はない方がいいらしいが、これを意識してそろえようとすると、上半身が回ってしまいやすくなり、結果フェイキーアウトになってしまいやすい。

一人だとたぶんやらない変形ボックスにも挑戦。レッスンだと周りからガッツをもらえたりします。フラットダウンボックスは成功率3割くらい。斜度の変わり目で身体を落とすとき、左手を意識的にあげるといいような気がした。カーブボックスはさっぱり。右足前の人は右にカーブするボックスの方がかんたんらしいです。どっちもできないけど。

ワイドボックスでの270inとかは、エアでスピンの練習はしていたおかげが270in自体はうまくいくものの、回転を止めることができない。270inした勢いで720くらいまでスライドするとかならかんたん。ワイドじゃないボックスで270inしたららすぐ落ちた。

TADA君がプレッツェルを教わっていたので最後一緒に教えてもらった。当然できないけどとりあえず聞いてみた。エッジをかけるためには、かけない側の足1本でスライドするくらいのバランスがとれてないとダメっぽい。とりあえず、プレッツェルの前に270inの質を上げないとだめで、逆にいうと270inがしっかり回転止めてできれば意外とかんたんだそうです。

しかしまずは普通のロックスライドがいろんなアイテムでちゃんとできるようにならねば。

最近戸倉とかカムイとかで知り合いが増えてきてうれしい。去年は孤独に飛んでいたので。

このブログ記事について

このページは、sotoが2009年1月11日 21:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「09/01/08 カムイ竜ヶ崎」です。

次のブログ記事は「09/01/11 スノーパーク尾瀬戸倉」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。