09/02/21 スノーパーク尾瀬戸倉

TADA君の誘いもあって、スロープスタイルキャンプに参加。戸倉は久しぶりに雪が降って、コンディションはいい感じ。左膝は少々不安だったので、サポーターをしっかりつけていったけど、結局全然平気だった。

スロープスタイルキャンプといいつつ、キッカーがほとんどオープンしていなかったので、ジブキャンプ状態に。かえってその方が、ジブが下手でスロープを流せるスキルがない自分にはうれしい。午前中はシラカワ先生。朝イチはフラットダウンに刈られるし、縦に入ったローラーコースターでもクラッシュするしで先行きが思いやられた。

ワイドの270inはとりあえず早がけしないこと。

フラットダウンは自分の場合はダウンどうこうよりまずはフラットにちゃんと乗れることで、大事なのは右手をちゃんとひいて板を横に向けることと、目線を高く保つこと。

休憩前にちょこっとパイプもやったりして、午後はサイモン先生。

同じくワイドの270inから。前回のジブキャンプでも教わったけど、大事なのは乗るときに目線は後ろにで足もとのボックスを見ること。それからしっかり踏み切ること。上手なひとはけっこう高く飛び上がってる。あとは真ん中に乗ること。自分はキッカーでも左足を横に蹴り出して右に飛んでしまう人なので、270inするとやっぱり右に落ちる。TADA君は反対で左に落ちてる。

続いてフラットダウンは午前に教わったことに加えて上半身をリラックスさせること。動きがカタイというのは常に言われる。基礎スキーのレッスン受けててもそうだったし。でもたしかにリラックスを意識した方が楽に乗れたし、うまい子は非常に楽そうに乗っている。

最後は右カーブボックス(右足前なのでトップが上)。カーブのコツはとにかく進入スピード、進入高さ、進入角度のバランス。スピードが早めのときは下目に入り、遅めのときは上目に入る。最初は当て逃げというか、スピード遅め、高さ下目に入って内側に落ちるところから。最後一回通せたので満足。

ジブのキャンプはエア以上に教わることが多いし、ひとりではやらないこともできるしおもしろい。また次回あったら参加したい。トリック系も教わりたい。

このブログ記事について

このページは、sotoが2009年2月23日 22:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「09/02/14 尾瀬戸倉→カムイ竜ヶ崎」です。

次のブログ記事は「09/02/22 武尊牧場スキー場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。