修理完了

| コメント(3)

エッジがひん曲がったインベーダーは、うちのすぐ近くのチューンナップショップに修理に出し、こんな感じで修理&チューンナップされてきました。このショップは専門はスノーボードなのですが、スキーもやってくれるので、過去にも何度かお願いしたことがあります。こういう修理はきっとスノーボードの方が多いんじゃないか。エッジが短い範囲で曲がっていたために、戻すときに折れてしまい、結果エッジを切り貼りして切れ目が2つになったとのこと。エッジに切れ目が入ると、板のしなりにエッジが追従しきれずに、少し飛び出して引っかかったりしやすく、強度的にも少し落ちるのは仕方ないらしい。せめてアウトエッジにして使います。

090222_1.jpg
修理前

090305_1.jpg
修理後

ところでこのスキーは修理前コンベックスになっていて、ジブ用だったらそのままコンベックスにしておくといっていました。ほとんどのスキーはコンケーブだろうと思っていたから、コンベックスになっていたのは意外だったし、フラットにしないチューンナップができるというのも意外でした。

コメント(3)

職人技はすごいね。

ジブ用にはコンベックスがいいの?でも、そもそもジブにソールって要るの?むしろ、もう鉄板でいいんじゃない?あっ、これじゃスロープスタイルダメか。

ちわー。
コンベックスっていう言葉は私の中では「巻き尺」なのですが…
で「じぶ」っていう言葉は加賀料理の「治部煮」なのですが…
SOTO君の世界とだいぶちがうみたい。

>H本
ジブには板はルーズな方がいいんじゃない?もともとはベースエッジを2度くらいにしてとお願いしようとしたんだけど、エッジ機械仕上げコースだと規定の1度以外にはできないし、板がコンベックスになってるからエッジはいいんじゃないって話になった。

>YOKOさん
コンベックスって巻き尺だったんですね、知らなかった。ジブアイテムにはよく料理されますが、ジブ煮は食べたことがありません。
あれ、でもYOKOさん山スキーはするんじゃないんですか?山スキーでもチューンナップはきっと大切ですよ。

このブログ記事について

このページは、sotoが2009年3月 6日 00:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「09/02/28 スノーパーク尾瀬戸倉」です。

次のブログ記事は「09/03/07 スノーパーク尾瀬戸倉」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。