どうするTFCC

また病院へ。
手術するかどうするか考えてきてってことになっていたけど、前回あんまり聞くべきことを聞いていなくて、判断材料が少なかったのでいろいろ相談。
でもまあ、まったくクライミングができないわけじゃないし、クライミングをしなければ今のところ日常生活に大した不自由があるわけでもないし、秋に手術するとせっかくの冬にスキーできないし、とりあえず春まで様子を見ようかなと考えてはいた。
MRIとか造影検査とかではやはり中の状態はよくわからなくて、関節鏡で中を実際に触ってみることが診断には重要らしい。で、関節鏡で触ってみて手術法を決めて、そのまま手術するらしい。
手術方法はだいたい次の2つ。
その1 TFCC部分切除
損傷のある部分をとっちゃう。関節鏡でやるので傷は小さい。
ギプス3週間?3ヶ月くらいで手首がスムーズに動くようにはなるっぽい。
DRUJ不安定または尺骨が長い場合は成績不良。
その2 尺骨短縮術
尺骨を切断して短くしちゃう。mixiのコミュをみてる限り最も多い方法。
ギプス1ヶ月?ちゃんと動くのに半年くらいはかかりそう。1年後?にプレートとらないといけない。
成績は良好。尺骨が長くない場合でもやることはある。
そのほか TFCC縫合とか靭帯再建とか
自分は尺骨長いわけではないから短縮術はしたくない。TFCC部分切除だとしても、手術したらクライミングしても大丈夫なほどよくなるかどうかはあんまり確信が持てない。
ちなみに靭帯いじるようなことをしたらクライミングは絶対無理っぽい。
で、関節鏡での検査と滑膜切除だけしてもらうことにした。本来薄い滑膜が炎症を起こしてモコモコなっていて、それを掃除すると症状はよくなるらしい。根本的な治療じゃないだろうから、酷使するとまたなる。でもやってもらってとくにデメリットはなさそうだ。
手術後固定はしないし、日帰りでもできないことはない。普通は片手だけど、不便になってもよければ両手やってもいいってことだったので、ちょっくら入院して、両手首まとめてお掃除してもらうことにした。10/5。

ポーター

070821_1.jpg
第3弾ができました。
エールの場合、発酵に適した温度は18~25度です。ラガーの場合は9~15度。麦茶の美味しい夏という季節は、実は麦茶づくりは適さないようです。特にすっきりクリアな味わいな夏向きの麦茶には。つくるなら少々雑味があってもごまかしがきく芳醇な味わいのダークな麦茶がいいらしいです。
欲しい人は言ってくだされば、たぶん差し上げます。

ひびビデオカメラ

先日、液晶にヒビが入ってしまったデジタルビデオカメラ「SONY DCR-PC55」。
修理の見積り依頼したらなんと36610円(税別)!あちゃー
スキーのときポケットに入れておける大きさで、メディアがminiDVテープで、なかなかに便利ないいやつだったのに。しばらくは液晶割れてても使えそうだけど、そのうち液晶が全部だめになっちゃうだろう。
ちょうど2年前に、ヤフオクで5万ちょっとで買ったはず。直すなら新しいの買うかなあ・・・

メープルウォールナッツ

070820_1.jpg
大きめベーグルを見た目よく焼くのが上手くなってきた。
メープルシュガーを多めに入れたけど、まだメープル感が足りない気がする。メープルシロップのほうがいいのかも。
昨日、「エロンチョ」にトライしていて、ふと気がついた。腕は短いほうがマントルは楽に返せるはずだ。腕が長いとその分身体を上げないと手が返らない。
http://jp.youtube.com/watch?v=7WdPgK2wBE4

07/08/19 塩原

yujiさんと塩原へ。初塩原。
塩原に着いてみるとM島A人くんらがナイト(朝?)ボルダリングをしていた。最近はやってるなあ。日中はシリアスなクライミングは無理だもんね。
野立岩のルーフの課題はなにやらすさまじい。自分のやっているのと同じスポーツとは思えない。でもこんなところに適度にホールドが続いていて、登れる人は登れちゃうなんてすごいことだ。
自分の今回のターゲットは「後悔」(3級)。yujiさんはあっさり一撃。自分も一撃を狙っていたのだけど、ぜんぜん登れず仕方がないので「エロンチョ」(4級)に転戦。地ジャンしてマントル返すだけのへんてこな課題で、できないとすごくくやしい。でもできず、もはや今日は何も登れないんじゃないかと思ったけれど、もう一度「後悔」をやったら登れた。よかった。その隣の2級もムーブがわかれば簡単。
その後はルーフで記念撮影したり、また飛び込んで遊んだり。ここにもちょうどよい飛び込みポイントがありました。
2時すぎにはもうさすがに暑すぎて耐えられなくなり、早めにあがりました。
070819_1.jpg
yujiさん@後悔
070819_2.jpg
yujiさん@バラカの後半
070819_3.jpg
今週もまた川遊び
070819_4.jpg
DWSポイントを探す、ここは浅いので無理
070819_5.jpg
ルーフで記念撮影
070819_6.jpg
yujiさん@鳥
2級 センターライン
3級 後悔
4級 穴パワー直上

07/08/12 秋川渓谷 2

今週もまた秋川渓谷へ。前日変な時間に昼寝をしたら、夜眠れなくて結局一睡もせずに出発。登攀道場さん、アサダサン、tokuちゃん。現地でふーみんさんも合流。
まず十里木。渋滞を嫌って早く出たもんだから、8時前には着いてしまった。でも先週より水は少ないし、水温は暖かく、いきなり飛び込んでもぜんぜん寒くない。
先週やらなかったど真ん中の1級のライン、登攀道場さんはあっさり。最初の1手と最後の1手が悪い。アサダサンとtokuちゃんも完登。自分は最後の1手ができず。10回くらい上から落ちた。でも今日は手首の調子がよく、かなり思いっきり登ってたけど大丈夫だった。
アサダサンとtokuちゃんは外ではほとんど登っていないようだけど、アサダサンは指強いから、きっと外岩は強そう。tokuちゃんは相変わらずランジがめちゃめちゃ上手い。トポにある十里木ジャンプのガバに、右から飛ぶ課題も完登。名付けて十里木ジャンプ2。
070812_1.jpg
アプローチ、裏からも回れる
070812_2.jpg
tokuちゃん@深呼吸(1級)
070812_3.jpg
ふーみんさん@3級
ムービー
十里木ボルダー
けっこう長いこと登ったけれど、朝来るのが早かったもんだからまだ12時。メインイベントのアメリカ淵へ移動。15人くらいの若者たちのグループがBBQをしていて、水着ギャル多数、久しぶりに見た。正直目を奪われてしまいます。
やはり前回よりも水量は少なく、取り付きやすい。全員ちゃんと登って飛んだ。登攀道場さんは飛び込んだ際に岩に接触。狙いが悪いと危険です。
今日は飛び慣れた2人組みがいて、1人は頭から飛んでいた。2人が盛り上げるものだから、若者たちのグループも飛び出した。なんだかテンションが変になってきて、カウントダウンとか入るものだから、みんなポンポン飛んでしまう。女の子も飛んじゃって、ガッツあるなー。
飛び慣れた人は、我々が飛んでいるところから1m下がった一段上から飛んだりもしてて、そんときは結構横に移動するので、しかも頭から行くものだから、落下じゃなくて滑空してる感じ。角度をコントロールして斜めに水に入りすぐに浮かぶように飛ぶらしい。すごいすごい。
070812_4.jpg
登攀道場さん
070812_5.jpg
アサダさん
070812_6.jpg
頭から飛ぶ人
070812_7.jpg
tokuちゃん
070812_8.jpg
tokuちゃん、上に飛ぶと滞空時間が違います
(残念ながらバッテリー切れで以降写真なし)
さらに夏休み子供教室的な、小学生くらいの子供たち20人以上の大グループもやってきて、最初は低いところで飛んでいたのだけど、だんだんエスカレートして最終的には一番高いところからポンポン飛びまくり。変なふうに飛んだらけっこう危ないと思うのだけど、飛びなれた人が的確に支持を出してくれていたし、引率の兄ちゃんもしっかりしてるのでよかった。でもやっぱり見ていてひやひやするけどね。みんな楽しそうに飛ぶ。子供大好きの登攀道場さんは終始ニコニコ。若者BBQグループはもう一組来たし、50人以上の人が集まっていた。
アサダサンはトラバースのラインにも挑戦し、落ちちゃったけどこのラインはいけそうな感じ。最後のほうで落ちると滝の岩に直撃しそうなので結構危ないです。
飛びスポットよりちょっと上流にもハングした壁があり、日陰で寒いのだけど、登れます。そこそこ難しくて、自分は登れませんでした。落ちるとそんなに深くないので、足つきます。でも砂地な感じなので大丈夫。中間でダブルダイノもできます。
ムービー
アメリカ淵
そうそうショックなことにビデオカメラの液晶にヒビが入った。十里木で登ってたときは大丈夫だったのに、アメリカ淵で取り出したら割れてた。液晶は折りたたまれて外には向いてないので、持ち運び中に割れるような感じじゃないのにいったいいつの間に。
2週連続で来たけれど、ぜんぜん楽しめてしまいました。まだ挑戦したいラインもあるし。さすがに今年はもう来なそうだけど、来年もまた来たいね。
帰りは神戸岩によって「ムタンテ」(四段)を見学し、奥多摩周遊道路を1周して帰ってきました。ムタンテはまったく意味がわらないのでさっぱり面白そうではありませんでした。
今回はめんどくさいのでムービー編集してません。
海で遊んだことがあんまりないからそう思うだけかも知れないけれど、海よりも川が好き。山スキー部時代も登山は嫌いだったけど沢登りだけは好きだった。久しぶりに沢登りにも行きたい今日この頃です。
飛び込みスポット的には海のほうがポテンシャル高いのかなー

07/08/05 秋川渓谷

先週Deep Water Soloing情報をこーへーくんに聞き、暑いしぜひ夏らしい遊びをしようとこーへーくんと秋川渓谷へ。
午前中は寒そうだったのでまずは十里木ボルダーへ。薄かぶりのいい感じの高さの岩の、3級くらいのきれいなラインを2つ登った。水遊びができる場所でのボルダリングはほんとに楽しい。
070805_1.jpg
十里木ボルダー
ムービー
十里木ボルダー
つづいて今回のターゲットのアメリカ淵というところへ。到着すると、こーへーくんが前回一緒に来たというMさんとAさんもちょうど来ていた。前回より水量は多いらしく、川は激しく白濁しているけど水位が高いぶん取り付きはたぶん楽になっているらしい。取り付きにたどり着くまでがちょっとむずかしく、取り付きがまたちょっと難しい。取り付いてしまえば後は簡単。
070805_2.jpg
ここから左に出て真ん中を登る
前回真ん中のラインを初登したMさんは今回はバリエーションにチャレンジしていたが、出だしから右に行くのはちょっと厳しそう。
泳ぎは得意なはずのこーへーくんだが、流され流され取り付き敗退。軽いから流されやすいらしい。水は怖い。泳ぎが得意でない自分も流されてたらさぞ焦っていたことでしょう。コツは流れに逆らわなくていいような位置を狙って飛び込むこと。
ムービー
アメリカ淵
070805_3.jpg
飛び!
070805_4.jpg
そして流血(うそ)
ここは飛び込みスポットとしてわりとメジャーなのか、飛びに来ている人はほかにもいました。登る人はたぶんそんなにいないでしょう。
下が深く静かな水面で、ハングしていて、中間にランジとかあったら最高だけど、どこかにそんなスポットはあるでしょうか。
川原でBBQとかもしたいものです。
今日は瀬音温泉。新しいところできれいだけど、とても混んでいました。足が赤くてスミマセン。
3級 x 2