ポーター

070821_1.jpg
第3弾ができました。
エールの場合、発酵に適した温度は18~25度です。ラガーの場合は9~15度。麦茶の美味しい夏という季節は、実は麦茶づくりは適さないようです。特にすっきりクリアな味わいな夏向きの麦茶には。つくるなら少々雑味があってもごまかしがきく芳醇な味わいのダークな麦茶がいいらしいです。
欲しい人は言ってくだされば、たぶん差し上げます。

ダークエール

外岩麦茶、第2弾。前回はモルトエキスからだったけど、今回はちょっとステップアップして一部麦芽の糖化作業から(パーシャルマッシング)。
気温が高かったからどうだろうかと思いきや、我ながら今回はなかなか美味しいです。
6/24 仕込み~一次発酵
070716_1.jpg
マッシング(糖化)
070716_2.jpg
スパージング
070716_3.jpg
ホップを加えて煮込む
070716_4.jpg
発酵中
6/30 瓶詰め~カーボネーション
070716_5.jpg
ボトリング用容器へ移し変え
070716_6.jpg
瓶詰め完了
7/8~ 出来上がり
070716_7.jpg

カスピ海

070612_1.jpg
カスピ海ヨーグルト。
師匠が育てているらしいので、自分もやってみたくなりました。
これはお手軽、一日放っておくだけだもの。この中で菌がうようよと活動しているのです。
なんか市販のものよりもねばねばした感じです。
そういえば昔シルバーロッジでも、誰か育てていたっけか。

自家製麦茶

070605_2.jpg
ちょっと早いけど、オープン!!!
のめる!すっぱくない!うまい!
熊本産ボンゴレはいまひとつ。